患者さん中心の医療を目指しています。ご相談ください。 桜ヶ丘クリニック 内科・心療内科・呼吸器科・アレルギー科・循環器科・神経科 桜ケ丘,青葉区,仙台市,宮城県/病院,医院

桜ヶ丘クリニック|内科・心療内科・呼吸器科・アレルギー科・循環器科・神経科

TEL.022-303-2555
TOP 医院紹介 診療について アクセス リンク 居宅介護支援センター

診療について

診療メニュー 
せき外来
ぜんそく外来
物忘れ外来
漢方外来
禁煙外来
アレルギー外来
高血圧外来
糖尿病外来
不安・不眠外来
動悸・息切れ外来
肺がん外来
メニュー
TOP
医院紹介
診療について
アクセス
リンク
居宅介護支援センター

せき外来

せきの症状が長引き、中々改善されない場合などは、大半はアレルギー性の疾患が考えられますが、それ以外にも肺がんや結核といった疾患による場合などもあるため、当院では症状にあわせた適切な診断を行っています。
ご不安な点などありましたら、お気軽にご質問ください。

ぜんそく外来

長びくせきやたん、息切れなどがあれば気軽にご相談ください。ぜんそくは種々の原因により生じた慢性の気道の炎症により咳や痰が起きたり、空気の通り道(気管支)がせまくなり、ゼーゼー、ヒューヒューと息苦しくなったりする病気です。気管支ぜんそくは慢性の病気ですが、コントロール可能な病気ですので根気強く患者様と向き合っていきます。

物忘れ外来

『もの忘れ』には正常な老化現象によるものと、同年齢の方に比べ平均を大きく上回る物忘れ、認知症の症状があります。「物忘れ外来」では、生理的なものか、病気によるものかを診断することを目的としています
自分で最近、物忘れが多いのではないかと不安になっている
家族から見て物忘れが普通よりも多いのではないかと不安である
同じことを繰り返し話したり、尋ねたりする
今までできていたことができなくなった
毎日、同じ献立しか作らなくなってきた
性格がかわりささいなことで怒りっぽくなった
以前より疑い深くなった
時間や場所の感覚が不確かになった
服装がだらしなくなった
 ご自身やご家族に以上のようなちょっとした変化があったらば、物忘れ外来にご相談ください。外来を受診していただいたときには、受診していただいた本人と、家族の方に十分に話を聞かせていただきながら、診察を進めていきます。

漢方外来

西洋医学の診断で異常がないと言われるが、体調が優れない。
 ⇒冷え性、頭痛、 原因不明の痛みやしびれなどにお悩みの方。
西洋医学的に診断が付いているが有効な治療法が見あたらない。

 以上のような方に漢方外来をお勧めします。目的は、気になる症状を和らげて、体調を整えるということです。もちろん、現在抱えている病気に対して、すでに治療を受けている方は、その治療を継続したままでご自分の体で気になる症状に対する漢方治療を併用する事が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

禁煙外来

チャンピックスという禁煙内服薬による治療を行います。

アレルギー外来

アレルギー疾患に関しては、いかに賢くアレルギー疾患と付き合っていくかが問題です。アレルギーの病気は体質の病気ですが、自然治癒する可能性のある病気でもあります。しっかり治療すれば必ず治る(コントロール出来る)病気です。
しかし、ただ単に薬を使用するだけではアレルギー疾患を治す事はできません。当クリニックでは、病気の原因をしっかり把握し、総合医学的な治療方針を立て、治療を行っていきます。まずは気軽にご相談ください。

高血圧外来

高血圧症とは、繰り返して測っても血圧が正常より高い場合をいいます。目安として繰り返しの測定で最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上であれば、高血圧と診断されます。高血圧により動脈硬化が起こり、これが脳出血や脳梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、心筋梗塞、眼底出血などの原因となります。
また、心臓は高い血圧にうち勝つために無理をすることになり、心臓肥大が起こり、心不全になることもあります。したがって、こうした合併症を予防するためには、早めの治療により、血圧を正常化することが必要です。
「まだ大丈夫だろう」と思わずに、気軽にご相談ください。

糖尿病外来

多少血糖値が高いぐらいでは、糖尿病の自覚症状はほとんどありません。健康診断や検診で見つかって来られる方もおりますが、自覚症状が無いだけに、何かの症状が出てかなり状態が悪くなってから来られる方もかなりおられます。
しかし糖尿病を放置していると、神経や血管、そして様々な臓器に障害をもたらします。全身の神経の働きが鈍り、手足にしびれ、麻痺、痛み等が現れます。
糖尿病の治療は、合併症の発症・進行を抑えるために血糖コントロールが全ての基本となります。患者様の状態に合わせて適切な血糖コントロールを行うことにより、糖尿病と上手につきあい、一生治ったと同じ状態を保つことを目的として治療を進めていきます。

動悸・息切れ外来(心療内科)

日常生活に支障がない症状であっても「階段を上るときや長い距離を歩くといつも以上に息切れがする」、「発作的な動悸や脈の乱れを自覚することがある」などの症状がある方は、是非ご相談ください。
動悸・息切れが大きな病気を発見するきっかけとなることもあります。思い当たる症状がある方はお気軽に。

肺がん外来

肺がんの症状で最も怖いのは、初期の段階で自覚症状が無いことであると言われています。肺がんは一般的に初期で見つかると治せる可能性が高くなっています。
ただし、肺がんの症状は風邪のように咳をしたりするために、「風邪なのでいつもの通り安静にしていれば治るか」などと安易に考えやすく、早期発見が遅れる原因の一つにもなっているようです。
ちょっとした症状でも重病にかかっている可能性がありますので、気軽にご相談ください。

往診外来

高齢者・老衰・自然な看取りをおこないます。
定期往診希望する方は、御家族が電話で連絡の上、クリニックへおこし下さい。

狭心症・心筋梗塞・不整脈外来

動悸・胸が苦しい、胸が圧迫される、坂道階段が上れない方、精査・治療致します。

動脈硬化外来

CAVI(キャビィ):心臓から足首までの動脈の硬さの程度を表わす指標です。
ABI(エービーアイ):足関節上腕血圧比は動脈の詰まりの程度を表します。

このページのトップへ

Copyright2012-2017 (C)医療法人さくら桜ヶ丘クリニック. All rights reserved.